婦人科

子宮ガン検診

ガンは早期発見が重要です。
自覚症状が無くても、子宮ガン検診を定期的に受診することをお勧めします。

子宮ガンの種類

・子宮頸ガン
・子宮体ガン

検査方法

①問診

問診票に、月経周期や直近の月経の様子、生理痛の有無や月経の量、妊娠歴や閉経した年齢などを記載していただきます。また、診察室で医師からご質問をさせていただきます。

矢印

②視診

膣内のおりものの状態や炎症の有無などを目で確認します。

矢印

③細胞診

ブラシやヘラなどで子宮頚部を優しくこすり、細胞を採取します。
ほとんど痛みはありませんので、ご安心ください。