産科

ブライダルチェック

ブライダルチェックとは、結婚前にご自身の身体がいつでも妊娠できる状態にあるのかを確認する検診です。
子宮や卵巣の検査や、クラミジアや淋病などの性感染症の検査を行い、安心して妊娠できるような状態であるかを確認します。

子宮や卵巣の病気、性感染症は自覚症状があまり出ないことが多いため、症状が進行してしまった後では、妊娠が難しくなる場合もあります。そのため、結婚前にブライダルチェックを行い、妊娠や出産の問題になる病気がないかを確認し、病気が見つかった場合は早期治療を行い、妊娠や出産へ備えます。

また、妊娠したときに備え、風疹、リンゴ病、トキソプラズマ感染症等の抗体を調べておくのも良いでしょう。
自身やパートナー、そして将来出会う赤ちゃんのために、ブライダルチェックを受けられる方が近年では増えてきています。

診察内容

下記の検査を行います。

・クラミジア等の性感染症
・超音波検査(卵巣、子宮のチェック)
・風疹抗体価
・トキソプラズマ感染症
・リンゴ病